由良川下り 第32・33回 記録から

由良川下り32記録から
 綾部の文化財を守る会の「祭り・行事の歳時記」に載せる未収録の行事の2つ、口上林町で行われる「川まつり」と、山家大橋〜新綾部大橋で行われる「由良川下り」が、どちらも7月20日(日)と重なり、代わりに取材を頼む文化財を守る会の人々もそれぞれ所用があり、来年に回すこととした。
 「由良川下り」については取材の予備調査を済ませたので、事務局を勤められている久木パーツ:久木時哉君を訪ね、追加資料を求めると、過去の第32回、33回の行事、写真記録を貸していただいた。本年度はこれを使って綾部の文化財を守る会の「祭り・行事の歳時記」のを補充することとする。
写真:第32回 由良川下り70名の参加者集合写真     
   
由良川下りと書いたライフボートでオールを手に下る2人づれ   第32回由良川下りと書かれた方形の筏には「男舟」の屋根がつく
乗るのは男子4人衆  
  「由良川を美しく 綾部ロ−ターアクト・クラブ」
丸い浮き樽4本に繋がれた筏に乗る、空に浮くゴム風船から下げられた白布のPRが目立つ 乗るのは男女?人衆   
     
うねりに乗って進む方形の筏に乗る3人衆
ゴム風船のドルフィンが追っているのが微笑ましい
舟形の乗り物に乗り櫂と長竿を持つ5人衆と
ゴムチューブに乗った筏で後ろにつく男子3人衆  
「就活中職求」の看板を立て四角い容器?に乗り愛嬌を振りまく女子5人組み  
         
四角い板状の筏に、そろいのライフジャケットを着て手を振る男3人衆   ゴムタイヤチューブの筏に乗り「」の幟を立てた、男5人衆   タイヤチューブを前後2ヶづつ?の上に敷き板、手すりを両側につけて長い竿
男子の?2人組
四角い筏 ゴムタイヤチューブ? 長い竿
男2女1の3人衆  
タイヤチューブを並べた上に舟場の敷き板 男5人衆  
         
タイヤチューブに乗って一列につながる 男子5人衆   舟型の乗り物 男子3人衆 1人は川の中に落ちた?押している?   ゴムボートの親子 父・娘?と あいちゃん(猫風船?)   文字の薄れたあやべ由良川下りと書き込んだゴムボートに乗る、久木、今枝両君。由良川下り開始以来の常連、仕掛け人   長い竿を両手に泡立つ水流を下る「里山ねっと・あやべ」の幟を立てた、チューブ筏 2人乗り  
         
白く泡立つ激流をオールを手に川下りするに乗った3人衆   方形のいかだに乗って、白浪の中でどちらに進むのか オールで力漕中の4人組み   誠 衣川鉄工所」ののぼりを翻し、泡立つ激流を颯爽と下るいかだ。なんと6人も乗ってい   激流にタイヤチューブを連ね、必至に棹さし、オールを漕ぐ   泡立つ激流に翻弄される「方形いかだ」の男舟 4人  
         
風船と垂れ幕を引きづりおろし、手に持って激流に翻弄される樽の筏に立つ   白浪を立てる激流をタイヤチューブの筏で長竿を手に乗りきる5人衆   白く泡立つ激流を方形の筏で下る 長い差をを持つ3人衆   泡立つ激流を小舟?にまたがって下る 大波に腕を伸ばして戯れる子ども、オールを手に笑っているお父さん
ゴムボートの親子連れ  
         
スリル満点の激流に乗り川下りの醍醐味満喫のゴムチューブ5人衆
先頭の長い竿づかい、しんがりの腕を上げた姿勢が画になっている  
ゴムボートに乗る親子二人連れ 父はオールを手にして   オール電化 やってやろう
ゴムチューブの筏、幟や手すりが設けられている。立派な櫂を手に立つ三人衆  
激流に乗るスリル満点の一瞬
青竹?の筏に乗る5人?衆  
激流に乗るスリル満点の一瞬  
         
巨石が水流を分かつ。橋の上からの由良川下り遠望。川岸に立つ見物者もみえる   川下りのいかだを拡大 7人以上が乗っている        
由良川下り33記録から
    綾部の文化財を守る会の「祭り・行事の歳時記」に載せる未収録の行事の2つ、口上林町で行われる「上林川まつり」と、山家大橋〜新綾部大橋で行われる「由良川下り」が、どちらも7月20日(日)と重なり、代わりに取材を頼む文化財を守る会の人々もそれぞれ所用があり、来年に回すこととした。
 「由良川下り」については取材の予備調査を済ませたので、事務局を勤められている久木パーツ:久木時哉君を訪ね、追加資料を求めると、過去の第32回、33回の行事、写真記録を貸していただいた。本年度はこれを使って綾部の文化財を守る会の「祭り・行事の歳時記」のを補充することとする。
写真:第33回 由良川下り70名の参加者集合写真  
   
由良川下りに参加する綾部ローターアクトクラブ乗船クルーのパフォーマンス   ポリタンクを浮きに利用したいかだ 男子二人組
白浪が泡立つ激しい水流を乗り切る  
         
ゴムボートの親子二人
白浪乗りのスリル 恐くない?  
大きなタイヤチューブの浮き輪いかだ 三人組
1人は川の中 川に投げ出され落ちたの?  
自然を大切に 衣川鉄工所と書かれたゴムボートに一人悠々とのる   これはまた凄い 白浪の激流に乗り物は何?、写真からは判読不明
長い竿を手に激流を下る二人組
これも凄い! タイヤチューブを2個つないだ上にまたがり、白浪沸き立つ激流を下っている  
       
荒波に揉まれる青いポリタンを浮きに使ったいかだに乗って   ゴムタイヤを繋いだいかだに乗った5人組、1人は川の中に落ちた?水深は背丈以上にありそう?   ポリタンを浮きに使ったいかだなどに二人乗りしてネイチャー気分最高   白浪の立つ激流にはまりこんで由良川下り
丸い樽状の浮きいかだに乗った三人衆  
次々といかだが下ってくる。軽快に川の流れに乗る二人組み  
由良川下りの出場資格は「泳げること。救命具の着用。ヘルメット着用」が義務づけられている
由良川下り参加資格
1)由良川下り同好会の会員であること。(参加者全員が会員となる)
2)体力に自信のある健康的な人で泳げる人に限る。
3)安全を確保出来る装備着用の人に限る。末着用の場合は、下れません!
(ヘルメッド、ライフジャケット、軍手、ズック靴を必ず着用のこと)
4)同意書を厳守し提出した人。
5)小学生以下は、保護者同伴、学生(未成年)は、保護者の同意書印が必要
 
   
ゴムチューブのいかだの上は白い自動車の張りぼて
白ヘルメットの衣装も揃えた三人クルー  
長方形に竹を組んだいかだ? 長い竹の竿を持つ二人組み  
 写真からは良く分からないが「しゃち?・海賊スタイルのウエァ?
ゴムチューブのいかだに乗り、雪かきのスコップで水をかく三人クルー
ちなみに、アイデアなどを審査して次の各賞が用意されている。'
 ●最優秀賞《あやべ由良川下り同好会会長賞》 賞状 副賞つき
 ●まゆピー賞《綾部市長賞》
 ●ゆらり由良川賞《京都府中丹広域振興局長賞:
 ●アイデア賞《綾部商工会議所会頭賞》
 ●努 力 賞《(社)綾部青年会議所理事長賞》
 ●敢 闘 賞《綾部ローターアクトクラブ会長賞》
 ●フアイト賞《丹波あすなろアマチュア無線クラブ会長賞》
 ●特別賞 副賞
 ○参加賞   
   
アヒルの張りぼてを乗せたいかだ三人乗り?
この岩の間を通り抜ける  
 
あやべ由良川下り 参加者募集ポスター
日本一の伝統を誇る 第36回大会 あやべ由良川下り 参加者募集!!
日時:平成20年7月20日(日)午前7時30分〜午後1時(増水・警報時は中止)
場所:山家大橋〜新綾部大橋 味方町側(由良川)
「由良川を美しく」クリーン運動を実行してください。
当日までの問い合わせ先:久木パーツ TEL:0773-42-0123 FAX::0773-42-1647
主催:あやべ由良川下り同好会 共催:綾部商工会議所

あやべ水無月まつり 第36回あやべ由良川下り実施要項
1.タイムスケジュール
 7時30分〜8時30分……山家大橋集合 受付(時間厳守)
 8時40分……開会式(準備体操 注意事項)
 9時00分……由良川下リスタート
12時30分……閉会式(表彰式)味方側河原
13時00分…・‥解散
2.参加内容
 ・ゴムボート・カヌーetc.
・ゴムボート及びタイヤヂューブ等を使った船(大型船並びにドラム缶、大きな材木類の使用は遊けて下さい。安全第一
 ・由良川の激流を下れる丈夫な船(釘はぬけやすいので注意して下さい)
3.各 賞'
 ●最優秀賞《あやべ由良川下り同好会会長賞》 賞状 副賞つき
 ●まゆピー賞《綾部市長賞》
 ●ゆらり由良川賞《京都府中丹広域振興局長賞:
 ●アイデア賞《綾部商工会議所会頭賞》
 ●努 力 賞《(社)綾部青年会議所理事長賞》
 ●敢 闘 賞《綾部ローターアクトクラブ会長賞》
 ●フアイト賞《丹波あすなろアマチュア無線クラブ会長賞》
 ●特別賞 副賞
 ○参加賞
4.参加資格
1)由良川下り同好会の会員であること。(参加者全員が会員となる)
2)体力に自信のある健康的な人で泳げる人に限る。
3)安全を確保出来る装備着用の人に限る。末着用の場合は、下れません!
(ヘルメッド、ライフジャケット、軍手、ズック靴を必ず着用のこと)
4)同意書を厳守し提出した人。
5)小学生以下は、保護者同伴、学生(未成年)は、保護者の同意書印が必要。
5.参加料(会費)
 全額1名につき1、500円、1日保険料、お茶、お弁当、参加賞【但し中止以外返却致しません】※中止の場合は参加賞と500円を返却します。
6.その他
 1)由良川の激流にも耐え破損しない船を作るよう、心がけて下さい。(予想以上の激流です)
 2)当日、受付にコンプレッサー(空気入れ)を準備します。
3)船の運搬には十分注意してください。(はみだしたりしないように)
7.申し込み先
〒623-0063 京都府綾部市広小路一丁目 井田時計店 TEL0773-42-0927
干623-0066 京都府綾部市駅前通37 久木パーツ TEL0773-42-0123
8.受付期間
 平成20年7月1日(火)〜7月15日(火)
 以後及び当日受付は致しません。(郵送も7月15日必着)